BACK
□ じっくりみてね!
BY / シェフ高橋

Page: [0] [1]
シンプル
2003/03/25(Tue) 22:23:37

 最近感じる事ですが 県外のケーキ屋さんを 覗いてみると
飾りが多いケーキが目に付きます 確かに ショーケースが華やか
で 美味しそうには見えます、 が こんなに付けなくてもと
思われるお店のケーキが よく 売れているって聞くと 複雑・・・。

 先日 始めてのお客様で シフォンのバースディを 注文された
方が 取りにいらして 飾りが少ないっておっしゃるんです
個人的には 生地の味や しっとり感 全体のバランスとかを 
考慮して 組み立てているんで なんでって感じ だって 飾りを
食べるのが 楽しみなんですか 確かに美味しくて綺麗だと 其れも
良いとは思うんですが 飾りに 時間を 掛けすぎたくは無いんです。
だから お客様からシンプルで可愛いなんて 言われると ほっとします。 味で評価をいただくのが やはり 一番 嬉しい事です。
一生懸命
2002/11/27(Wed) 23:57:13

 先日 小学6年生の男の子 4人が =総合的な学習=の一環で
店にやってきました、 いろんな 質問の中で 「一番好きな言葉って何ですか?」の質問に「一生懸命」って答えてました。  いろんな 人を見てきて 一生懸命って巾の広い言葉であっても がむしゃらとは明らかに違う スマートに仕事をこなす人は 次の行動を考えながら 的確に 仕事をかたずけていく 一生懸命やってるって感じがして 気持ちが良い。 この事を 判ってもらいたくて言ったんだが、

 私の場合 一生懸命 頭の中 一杯にして作業してるもんだから 時々質問を上の空で生返事して失敗する事あるけど! まだまだ修行が足りてない証拠かな?  この4人の将来に 期待をしつつ 頑張ってもらいたいものです、折角 お話を聞いてもらったんだから。

 この様にカフェのスペースがあり いろんな業種の人達と 知り合えて いろんな話が出来て 楽しい仕事です。  感謝       

 
 、
何で? 
2002/11/07(Thu) 21:37:18

 今日は ちょっと 気分がブルー。 どうも 始めてのお客様らしい方からの電話、 
 お客様    「バースディケーキ 出来ます?」 
 スタッフ   「はい どんなのが宜しいですか?」
 お客様    「普通の!」
 スタッフ   「シフォンのバースディケーキで宜しいですか?」
 お客様    「普通の!」

 実は時々 この様な やり取りがあるんです、 JOELでは バースディと 言えば シフォンのバースディが 普通なんですが どうも 始めてのお客様の中に シフォンは 生クリームが 付いてない、美味しくないと 先入観をお持ちの方が いらっしゃるみたいで、話がかみ合わない。   [なんで?]ってなるんです。   折角始めて この店に電話くれたんだから、一番人気のお薦めのケーキを 食べてみようかな?って思わないんだろう。 バースディケーキ = フルーツをサンドした生デコ  何て固定観念の強いお客様。
 説明をして納得をして注文を頂いて ファンになっていただける方がいる 一方そのままTELを切られる方 [何で?]一度試して頂けないのか?  食べて頂けないままの お断り これが 今日の ブルーな気分の訳。 好みの問題があるのは十分 承知してますので 引き下がりは するのですが やっぱり [何で?]になります。
嗜好の問題?
2002/08/29(Thu) 08:03:35

 「どれがおいしいの?」??? 始めてのお客様によく聞かれて困る言葉  自分の嗜好で作っている訳ですから、 (作ってる本人は当然美味しいと思って作ってますが) 始めてのお客様の嗜好は判りません、「コレ!」ってお薦めできないのが本当の気持ち、 「コレが 当店ではよく売れてます!」が 精一杯。
 ある日「このチーズケーキにはチーズが沢山入っているんですか?」
 「ええ たっぷり使ってます」 と言うと 別のケーキになってしまいました??? チーズのあまり好きじゃないお客様には チーズたっぷりの チーズケーキは 嗜好の問題でいうと 美味しくないケーキなんですか?  それとは別に 味が濃い 薄い これも よく問題になります 育ってきた環境で左右されると思いますが これが もう大変 私の店のお客様でさえ [お宅のは味が濃い」とおっしゃられる人が居るかと思えば 「味が薄くておいしいよ」 素材をたっぷり 使うと「味が濃い」「風味が良い」・・・と言うことは あそこのケーキは
「うまい」「まずい」は 本当の所は 私の口に「合う」,「合わない」、の
所にありそう。  但し材料や 技術的の問題は別にあるとはおもいますが。

 結論としては ジョエルの味を 気に入ってくれてる お客様を
裏切らなきゃ良いんだと 思って このまま突き進んで行きますので
これからも 宜しくお願いします。   早く 秋冬のお菓子を考えなくっちゃ・・・。
母の日
2002/05/14

昼過ぎ, 一人の小学校の高学年かな?と思える、男の子がショーケースを、覗いてました。
「お母さんにあげるの?」
「うん」
「予算はどれくらい?」
「\1000くらい」
と言いながら又、ショーケースを覗いて、「これ」って指差したのは、\2000のホール (実はシフォンのバースデイ仕様の母の日バージョン プレートにお母さんありがとう、を書いたもの)
これって自分で考えて買いに来てくれたんだ。何て優しい男の子なんだろう、、、
商品を渡しながら持ち歩きの時間を聞くと
「40分」
「自転車?」
「いいえ、電車で駅まで行ってJRで山田迄帰ります」
感激。
忙しかったので少しおまけをして帰しましたが、帰した後で電車がすぐ有るのかな?
でも本当にこんな優しいお母さん想いの子供もいるんだな、でも本当はお母さんが優しくキチンと子育てをしているからだろうと
お母さんにも脱帽の一日でした。
ギスギスした世の中いいはなしでしょう。
思うこと
2002/1/27

狂牛病で世間は大騒ぎしているけどお菓子の世界でもちょっとしたことがありました。
「うちの店は防腐剤など使っていません」
これは公共放送でのひとコマなんですが見ている人は「じゃあ普通のケーキ屋さんは使ってるのだ!!」と考えてしまいますよね。
でも安心してください。普通ケーキ屋さんパン屋さんでは防腐剤なんか絶対使ってません。
見たことも聞いたこともありません
取材されるレポーター取材されてる店の方、一般の人から誤解されるような言い方はちょっと考え直して欲しいですよネ。
Page:[0] [1]


表示件数:
(現在16件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club